Entries

インドシナ半島一周旅行 4日目 プノンペンのATMなど

プノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップへのバスは午後出発だったので、午前中は別のショッピングセンターに行くことにしました。

このショッピングセンターでも日本のパナソニック、シャープ、ソニーといったメーカーのテレビが売られています。
それ以上にサムスンは存在感が大きいですが。
プノンペンショッピングセンター家電

サムスンの携帯電話のプロモーションです。
プノンペンサムスンプロモ

このショッピングセンターの隣のカフェで読んだプノンペンポストという英字新聞です。
プノンペンポスト


200ドルほどUSドルの現金を用意していたのですが、ベトナムとカンボジアでほぼ使ってしまいました。そこでショッピングセンターの近くにあったATMを使って引き出すことにしました。手数料をUS$4も取ります。できれば引き出したくないですね。引出はカンボジアリエル(KHR)かUSドルを選べます。当然USドルでおろしました。

写真の24/7 twenty four sevenは前にこのブログでも紹介しました。24時間7日間の略で、要するに1年中という意味です。

プノンペンATM①

プノンペンATM②


プノンペンではカンボジア資本の地元銀行が多かったです。預金の金利もドル建て預金が2%という高金利でした。USドルが決済の中心ですが、アメリカの超金融緩和政策にも関わらずカンボジア国内のUSドルは不足しているのとカンボジアの銀行の信用力の低さを反映してのものでしょう。ドルで買い物ができたりすることは便利ではありますが、アメリカの金融政策に大きく影響されるというカントリーリスクがあることも示しています。

外資系の銀行では、マレーシアの大手銀行CIMBを見ました。もしもカンボジアで銀行口座を開くときに、銀行の信用リスクが怖い場合は、まだマレーシアの銀行がましと思います。
Related Entries
Use trackback on this entry.
http://otokukaigaiweb.blog.fc2.com/tb.php/102-9bc4c058

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

USEFUL ENG WEB

Author:USEFUL ENG WEB


USEFUL ENG WEBをフォローしてみてください。

TOEIC745、英語力中級の筆者がインターネットを使って英語を使い、英語の上達を図るとともに、英語WEBサイトを使ってお得な生活をするということがテーマです。

インターネット+英語により、安く海外旅行ができたり、海外ネットショップで安く買い物ができたり、海外の銀行を使った資産運用の方法を研究していきます。

東南アジアへの旅行が好きで東南アジアのビジネス事情などについての記事にも触れていきます。

なお、本サイトで紹介しているものの購入はあくまでご自身の判断でお願いします。私は一切の責任を負いません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jp

楽天

カウンター