Entries

日本語の住所を英語の住所に変換してくれる便利なWEBサイト


海外のネットショップ、あるいは海外で銀行口座を開いたりすると、住所を聞かれますが、日本語と英語では住所の書き方は違います。

英語での住所の書き方は、日本語の住所とは逆になります。たとえば、「東京都千代田区大手町1-1-1」であれば、

1-1-1 Otemachi Chiyoda-ku tokyo Japanとなります。

eBayや海外のAmazonなどで買い物をしたことがある方はなれていると思いますが、初めての方は案外迷うかもしれません。

まあ、海外のネットショップで買い物するときは、入力フォームの中で、Street(番地)やcity,state(日本なら県を入れる)、そして国(Japan)とそれぞれ入力欄が違いますし、郵便番号を入力する箇所がありますので、まず間違いなく届きます。

それでも心配な方に便利なサイトがありますので、ご紹介しておきます。

こちらです

郵便番号を入れて、番地と建物の名前を日本語で入力すると、英語表記にしてくれます。


Related Entries
Use trackback on this entry.
http://otokukaigaiweb.blog.fc2.com/tb.php/168-cc8df69d

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

USEFUL ENG WEB

Author:USEFUL ENG WEB


USEFUL ENG WEBをフォローしてみてください。

TOEIC745、英語力中級の筆者がインターネットを使って英語を使い、英語の上達を図るとともに、英語WEBサイトを使ってお得な生活をするということがテーマです。

インターネット+英語により、安く海外旅行ができたり、海外ネットショップで安く買い物ができたり、海外の銀行を使った資産運用の方法を研究していきます。

東南アジアへの旅行が好きで東南アジアのビジネス事情などについての記事にも触れていきます。

なお、本サイトで紹介しているものの購入はあくまでご自身の判断でお願いします。私は一切の責任を負いません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jp

楽天

カウンター