Entries

海外送金手数料が安い オンライン決済Money Bookers(Skrill)

ブログ「アジアREIT総研」で扱ったネタですが、こちらにも書きます。

海外の銀行に自分の口座をもっていて入金したり、持っていなくても海外の銀行に送金するときに気になるのが送金手数料です。

私は香港の銀行、HSBC香港に口座を持っているのですが、資金を追加で補充するためには、日本から送金しなければなりません。

送金手段としてまず思いついたのが、郵便局からの送金です。

郵便局の口座あて送金手数料一覧を見ると、アメリカあてが1件2000円、アメリカ以外が1件2500円。

しかも、私が使っているHSBC香港銀行のある香港あてはUSドルでの送金になります。わざわざUSドルに換えて、さらにそこからシンガポールドルに変えなきゃいけない。手数料がかなり膨らんでしまいますね。

他にいい方法がないか考えて、次に考えたのがPaypalの活用です。メールアドレスがあれば開設できる決済手段であるPaypalは複数の銀行口座、クレジットカードが登録できますので、今度作ったHSBC香港の口座も登録して

日本の銀行口座 → Paypalにお金を飛ばす→Paypalで出金口座をHSBCに指定→PaypalからHSBCに出金。

こうすれば手数料無料じゃないか。と思ったのですが、残念ながらできませんでした。登録できる銀行が日本の銀行とアメリカの銀行に限られてしまっており、香港の銀行であるHSBCは登録できません。でも逆にいえばアメリカの銀行には手数料無料で送金できるのかな?やってませんのでわかりませんが、できるかもしれません。

そこでたどりついたのが、イギリスのオンライン決済サイトMoney Bookers(Skrill)です。

送金手数料は、1% (up to EUR 0.50 EUR)とありますので、金額の1%、上限は0.5EUR(約50円)ですからかなり安いですね。

しかも日本円のまま送金できます。HSBC香港は日本円のまま預金できますので、郵便局のようにUSドルにわざわざ交換してということをしなくてもよく、余計な為替交換手数料がかからないです。

こちらもポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Entries
Use trackback on this entry.
http://otokukaigaiweb.blog.fc2.com/tb.php/21-0bd2fe99

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

USEFUL ENG WEB

Author:USEFUL ENG WEB


USEFUL ENG WEBをフォローしてみてください。

TOEIC745、英語力中級の筆者がインターネットを使って英語を使い、英語の上達を図るとともに、英語WEBサイトを使ってお得な生活をするということがテーマです。

インターネット+英語により、安く海外旅行ができたり、海外ネットショップで安く買い物ができたり、海外の銀行を使った資産運用の方法を研究していきます。

東南アジアへの旅行が好きで東南アジアのビジネス事情などについての記事にも触れていきます。

なお、本サイトで紹介しているものの購入はあくまでご自身の判断でお願いします。私は一切の責任を負いません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jp

楽天

カウンター