Entries

郵便局より海外送金手数料が安いMoney Bookers 手数料について

郵便局より海外送金手数料が安い、Money Bookers(Skrill)を実際に使ってみた記事です。

本人確認、住所確認前に送金しましたので、送金制限額が1200円だったのですが、送金した1100円が私のHSBC香港の口座に無事着金しました。たった4.6ユーロにしかならないじゃないかと思われるかもしれませんが、これは、HSBC香港で引かれてしまう受取手数料(HKD60)のためです。

HSBCユーロ着金

MoneyBookersは送金手数料は安いのですが、銀行口座に送金するとき(withdrawl)はユーロ建てになります。したがって為替の交換も発生します。

かかった手数料ですが

①私の日本の銀行口座からMoneyBookersへの送金手数料:315円
→三井住友銀行の指定口座に送金します。私は三井住友銀行の口座ではないので315円でしたが、三井住友銀行からならもう少し安くなるかもしれません。

②Money BookersからHSBC香港の送金手数料:182円

③為替交換手数料:日本円からユーロへの交換レートは現在のレート+2.49%。為替レートはMoneyBookersの画面で確認できます。

④HSBC香港の受取手数料:HKD60

結局、送金と受取手数料だけで1000円程度、それに為替の交換に2.5%程度の手数料がかかる計算になります。
例えば、10万円送金すると、3500円程度手数料がかかるということになりますね。

さらにHSBC香港で、ユーロから他の通貨に交換することを考えると、手数料自体はもっとかかることになります。

ただし、郵便局で送金した場合は、送金手数料がMoneyBookersより高いのに加えて、USドルで送金しなくてはなりませんので、どのみち為替の交換はしなくてはなりません。

また、銀行で円建てで送金した場合、送金手数料に加えてリフティングチャージなどがかかってきてしまいます。

MoneyBookersは比較的安価とは思いますが、引き続き安く海外送金できる手段を探したいと思います。

こちらもポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Related Entries
Use trackback on this entry.
http://otokukaigaiweb.blog.fc2.com/tb.php/73-1c2ec74b

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

USEFUL ENG WEB

Author:USEFUL ENG WEB


USEFUL ENG WEBをフォローしてみてください。

TOEIC745、英語力中級の筆者がインターネットを使って英語を使い、英語の上達を図るとともに、英語WEBサイトを使ってお得な生活をするということがテーマです。

インターネット+英語により、安く海外旅行ができたり、海外ネットショップで安く買い物ができたり、海外の銀行を使った資産運用の方法を研究していきます。

東南アジアへの旅行が好きで東南アジアのビジネス事情などについての記事にも触れていきます。

なお、本サイトで紹介しているものの購入はあくまでご自身の判断でお願いします。私は一切の責任を負いません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jp

楽天

カウンター