Entries

消費税と個人輸入

今回の記事では、消費税をネタにしようと思います。

同じ時計が日本と海外のネットショップで売られているとします。値段も同じ10万円とします。
どちらで買ったほうが得でしょうか。

答えは海外のショップで買うほうが得になります。なぜでしょう。

その理由は、消費税にあります。日本で買ったら、税率は5%ですので、10万5千円ですね。
ところが海外から輸入する場合、価格の60%が課税対象額となります。時計の関税はゼロですので10万円*60%*5%=3千円が消費税となり、10万3千円が支払う金額となります。

今後、消費税の税率は8%、10%とあがっていきます。時計の例ですと、消費税5%のときは2千円しか税金は違いませんが、10%になると4000円違ってきます。

こうなると、買い物をするときも、個人輸入ができる人と日本でしか買い物できない人では生活コストにだいぶ差がでてきますね。

シャープやパナソニックの惨状を見ると、大半の人にとって、今後収入を上げるのはむずかしいでしょう。

一方で消費税は問答無用であがりますし、電気代もあがる方向でしょう。発電コストの低い原発の稼働が難しいのですから。つまり基本的な生活コストがあがるということになります。

そうなるとほかの手段で生活コストをさげることを検討しなくてはならない。そのひとつの方法として、個人輸入を上手に取り入れて税金を節約するというのは有力な方法ではないでしょうか?

このブログでは、どんどん、海外のネットショップを紹介していきたいと思います。来るべき消費税増税に備えて、今のうちに個人輸入に習熟しようと思います。

送料、関税、為替などを考えて、うまく買い物をしたいものですね。
Related Entries
Use trackback on this entry.
http://otokukaigaiweb.blog.fc2.com/tb.php/83-5d34935a

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

USEFUL ENG WEB

Author:USEFUL ENG WEB


USEFUL ENG WEBをフォローしてみてください。

TOEIC745、英語力中級の筆者がインターネットを使って英語を使い、英語の上達を図るとともに、英語WEBサイトを使ってお得な生活をするということがテーマです。

インターネット+英語により、安く海外旅行ができたり、海外ネットショップで安く買い物ができたり、海外の銀行を使った資産運用の方法を研究していきます。

東南アジアへの旅行が好きで東南アジアのビジネス事情などについての記事にも触れていきます。

なお、本サイトで紹介しているものの購入はあくまでご自身の判断でお願いします。私は一切の責任を負いません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jp

楽天

カウンター