Entries

インドシナ半島一周旅行 3日目 プノンペン到着

ホーチミンからプノンペンまでバスで所要6時間程度でプノンペンに到着しました。それほどきつい行程と思いませんでした。

プノンペンはまあまあ英語が通じます。

カンボジアのお寺はタイに似ていて、バンコクの20年前から30年前はこんな感じだったのかなという町です。車は走っていますがタクシーはほとんど走っておらず、移動手段の中心はバイクかトゥクトゥクになります。

交通は東南アジアの町らしく信号がほとんどありませんが、車やバイクなどの交通量はホーチミンやバンコクに比べれば少ないです。

経済的には韓国の影響が強いと思いました。町のいたるところにサムスンの看板があり、走っているバスはほとんど韓国製です。

通貨はリエルですが、取引の中心はUSドルです。リエルはカンボジアを出ると、国境の両替所ですら両替してくれませんので、なるべくドルのまま使いましょう。モニボン通りあたりにたくさん両替商があり、リエルからドルへの交換にも応じてくれます。

物価はアンコールワットのあるシェムリアップよりもプノンペンのほうが安いです。

到着したときのシンツーリスト・プノンペンの入口です。このままアンコールワットのあるシェムリアップまで行く人も何人かいました。1階が旅行代理店、2階より上はホテルです。一泊US$12しました。場所もプノンペンの中心とはいいがたいので、違う旅行代理店のバス利用をお勧めします。

入り口前に暇そうに座っているのはバイクタクシーの運転手です。
プノンペンホテル (1)

プノンペンのトゥクトゥクです。バイクに荷台をつけただけの簡素なものです。
プノンペン車

ホテルから王宮までUS$3でした。トゥクトゥクで行きました。王宮の入口です。
プノンペン王宮

王宮はしまっていましたが、シルバーパゴダというところだけ見学できました。US$6もします。本当にタイによく似ています。
プノンペン王宮②
Related Entries
Use trackback on this entry.
http://otokukaigaiweb.blog.fc2.com/tb.php/99-f36052e6

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

USEFUL ENG WEB

Author:USEFUL ENG WEB


USEFUL ENG WEBをフォローしてみてください。

TOEIC745、英語力中級の筆者がインターネットを使って英語を使い、英語の上達を図るとともに、英語WEBサイトを使ってお得な生活をするということがテーマです。

インターネット+英語により、安く海外旅行ができたり、海外ネットショップで安く買い物ができたり、海外の銀行を使った資産運用の方法を研究していきます。

東南アジアへの旅行が好きで東南アジアのビジネス事情などについての記事にも触れていきます。

なお、本サイトで紹介しているものの購入はあくまでご自身の判断でお願いします。私は一切の責任を負いません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jp

楽天

カウンター